このブログは終わります。


by shimao_verrygood
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

強制給餌Ⅱ

強制給餌の仕方

こちらは、強制給餌の仕方です。
する人によって色々やり方もあると思いますので、
ここでは我が家のやり方を紹介したいと思います。
強制給餌は、お世話する猫さんとのあ・うんの呼吸だと思いますので、
お世話人と猫さんで皆それぞれのスタイルになってくると思います。
ここではヒントになったらよいな~という気持ちでアップします。


e0007097_1352204.jpg
e0007097_13524748.jpg

①用意するもの。 作ったご飯とシリンジ(ポンプ)ティッシュやお手拭も♪
シリンジ(針なし注射器)には色々大きさがあります。
らら♪さんは、向かって左から2番目の5mlのを使っています。
ツギオさんは、一番右側の人間の赤ちゃん用に売られているものを使っていました。
ホームセンターなどに売っている、手のひらサイズの油さしを利用されている方もいます。

ご飯はレシピの方にも書いたけど、人肌(熱すぎダメ)が良いと思います。冷たいとペッペッと
されることがあります。



e0007097_13535237.jpg

シリンジ一杯に吸い上げます。
私は給仕も目薬も後ろからします。後ろからの方が無理なく奥歯の部分に入れやすいからなのと、正面から向けるとイヤーってされるので^^;

わかりやすく写真に写るようにしているので、ちょっと可哀想な顔に写っているかもしれませんが、押さえつけてはいません。皆さんもご存知と思いますが、猫さんは押さえつけるととても嫌がります。


e0007097_13542658.jpg

お顔をまっすぐにしていただくために空いているほうの手で支えています。
奥歯のところにシリンジの先を入れます。
ららちゃんはお元気なので一口分は1メモリ1mlずつです。

飲み込める量や1度の食事の量などは、その猫さんの状態によって違うので、お世話されている猫さんに合わせてあげてくださいね。
腎不全が進んだ状態の子などは、一度にたくさん食べさせると吐いてしまいますので、
その場合は、一度に口に入れる量も少なめに、一食分も少なめで回数(数時間おきなど)を多くしてあげると良いと思います。


e0007097_135505.jpg

もぐもぐ

■注意
気をつけて欲しいこと
色んな状態の子がいると思います。給仕をする時は、必ず顔を起こしてまっすぐ前を見た状態でしてください。
横たわった(顔が横を向いている)状態ではしないで下さい。喉につまらせてしまう恐れがあります(誤嚥)大変危険です。

ものすごく嫌がって抵抗している時はしないこと。


質問や、ご注意などがあれば教えてくださいね。
私でわかることでしたら、お力になれたら。。。と思います。
足りないことがあれば付け足していきたいと思います。

大変な思いや、辛い思いをされている猫さんお世話人の方も多いと思いますが、
できるだけ、気持ちは『楽しいご飯の時間♪』を心がけたら、お互いに気持ちが柔らかくなるんじゃないかな~って思います。^^*

ツギオさんの強制給餌生活は長かったので思えば色々ありました。
食べてくれない時もあって食べなければ弱ってしまう~!ととにかく食べさせることばっかり思って、食べなきゃダメみたいに思って、そんな時は、食べてくれなくてすっかり煮詰まってしまったときもあったけど、そんな時は、一食抜いてしまって、お休みした方が良かったです。

そんなこんなで色々あるなかで、おしゃべりしながら、美味しい?今日は寒いなぁ~とか、
お父さんは早く帰ってくるかなぁ~とか、食べない時も、今日はアカンのか?^^;とか
のんびりできるようになりました。
こうして、あ・うんの呼吸みたいのができてきたりします。
密な時間だったと思います。

ワンコと暮らす人はお散歩の時つけるリードで伝ってくる感覚で色々わかると聞きますが、
そんな感じに似ているのではないかな。と勝手思います。^^

本当に、ツギオちゃんありがとうね。て思います。
[PR]
by shimao_verrygood | 2008-02-08 14:24 | 強制給餌について